TOPICS

トップページに戻る

2019

2018

2017

2016

「都防協ニュース」No.62号を発行しました

【Contents】
・平成30年度後期技能検定防水施工合格者
・改質アス常温粘着広報の技能検定がスタート
・技能講習会開催報告
・防水工の労務単価上昇
・会員名簿
※トップページからpdf画像のダウンロードが可能です。

平成30年度後期技能検定防水施工合格者

 厚生労働省の平成30年度後期技能検定(防水施工)の全国合格者がまとまりました(速報・新樹社調べ)。後期の実施作業は、アスファルト防水、合成ゴム系シート防水、塩化ビニル系シート防水、改質アスファルトシートトーチ工法防水の4作業です。
 東京都の後期合格者は合計64名で、作業別に見ると、アスファルト防水1級が3名、合成ゴム系シート防水1級が6名、塩化ビニル系シート防水は1級32名、2級5名、改質アスファルトシートトーチ工法防水1級が17名、2級1名という結果になりました。
 全国の防水施工技能検定合格者は、平成30年度後期を加え、累計で76,952名となりました。前年度と今年度の後期技能検定合格者を比較してみると、アスファルト防水では前年度1級84名、2級10名の計94名に対して、今年度は1級41名、2級4名の計45名となり、累計で5,792名、前年度比
47.9%と減少しています。合成ゴム系シート防水では、前年度1級66名、2級3名の計69名に対し、今年度は1級37名、2級2名の計39名となり、累計で7,945名、前年度比56.5%と減少しています。
 塩化ビニル系シート防水では、前年度1級311名、2級35名の計346名に対し、今年度は1級235名、2級40名の計275名となり、累計で7,788名、前年度比79.5%と減少しました。
 改質アスファルトシートトーチ工法防水では、前年度1級124名、2級5名の計129名に対して、今年度は1級139名、2級9名の計148名となり、累計で3,871名、前年度比114.7%と増加しました。