TOPICS

トップページに戻る

2020

2019

2018

2017

2016

【告知】令和2年度前期防水施工1作業技能検定試験受検希望者調査のご案内

 当協会が実施する令和2年度の“改質アスファルトシート常温粘着工法防水工事作業の技能検定試験の受検者調査を実施致します。 →詳細(PDFファイル)はこちらからご確認いただけます

「都防協ニュース」No.64号を発行しました

【Contents】
・令和元年度後期技能検定のお知らせ
・令和元年度技能講習会のご案内
・活動報告
・技能講習会開催報告
・平成31年度前期技能検定防水施工合格者
・事務局だより
・会員名簿
詳細(PDFファイル)はこちらからご確認いただけます

年頭のごあいさつ

「防水業界の付加価値を向上」
会長 佐々木 浩

 新年明けましておめでとうございます。
 平素は当協会の活動に対して、ご支援ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 昨年を振り返りますと、平成から令和に元号が改まり、新しい時代が始まりました。日本で開催されたラグビーワールドカップなどを中心としたスポーツの盛り上がりは、そのまま本年開催の東京五輪に繋がりそうです。その反面、自然災害の増加、10%への消費増税、技能労働者不足、働き方改革など、さまざまな問題がなかなか解決しないまま、月日だけが流れた感じもいたします。そのほか、防水業界の話題としては、当協会がプライベートライセンスなどに取り組んで参りました改質アスファルトシート常温粘着工法が、前期技能検定に新設されました。このことも含めた協会活動に対し、会員は少しでも多く参画できたか、意見を述べられたかどうか、ずっと考え続けた1年でした。
 本年は東京五輪が開催するので、わくわくする気持ちがある一方、開催期間中は業界の仕事にどのような影響があるのか、多少の不安はあります。毎年この時期になると、全国各地で台風を筆頭とした自然災害に悩まされていることを考えますと、事前に対策を講じておく必要がありそうです。
 さて、当協会の活動に目を向けますと、ブロック会、業務委員会、技術委員会、広報委員会、東京都技能検定推進委員会、都立高校教育推進委員会においては、数多くの事業を推進して参りました。これまで諸先輩や会員が築き上げてきたこれらの事業が、いま、花開こうとしています。
 ところで、この業界は、活動をすればするほど奥が深いと改めて思います。技能検定の新しい防水施工職種を例に挙げると、関係する皆様から多大なご協力をいただいたことで、なんとか実施にこぎつけたというのが本音です。そうしたことからも、我々施工店、材料メーカー、ディーラーがもう少し企業間の垣根を越え、情報交換やさまざまな仕組み作り、仕様の改定などを一緒に行えないかと考えます。もちろん簡単なことではありませんが、そのようなことができなければ、他の業界や社会の仕組みに飲み込まれてしまうような気がします。大げさに聞こえるかもしれませんが、できること、やらなければいけないことはまだたくさんあります。仕事さえあれば良いという考えではなく、さらにもう一歩踏み込み、業界にとってより良い仕組みの構築や、業界の付加価値のさらなる向上などを目指して参ります。そのためにも当協会が積極的に協調を促し、業界関係者をまとめる接着剤のような役割を担える一年とするため、力を尽くす覚悟です。
 2020年が皆様にとって良い年になることを祈念いたします。本年もよろしくお願いいたします。